現在テスト用RYZEN 2200G+B450M-HDVにdebian10 mateを組み合わせた環境の物が3日間一切不具合に見舞われず安定しています

プチフリーズも発生していないですしエラーログも吐かないので予想ですがこのまま常用可能かと思います

しかしこの安定動作をもぎ取るまでに少々苦労が必要だったのでその工程を公開します

・インストール
ここは普段どおりグラフィカルインストーラーでrootと一般ユーザーを決めてどの媒体へインストールするかを選択して最後まで進めます

・再起動
インストールが終われば再起動してインストールをしたdebianを起動させる訳ですが起動ログが流れた末に画面左上にアンダーバーが点滅したままの黒画面で100%停止してしまうはずです

これは起動自体はしているもののGUI起動に必要な物が機能しない、もしくは必要なものがないから起きる物です

・X(GUI起動)が出来ないのを改善する
1,とりあえずログインできるようにする
アンダーバーが点滅している画面でキーボードのALTキー+CTRLキー+F1キーを一緒に押して下さい

するとCUI、つまり黒画面に白文字でLOGINやら色々書かれると思います

そこでrootと打ち込んでエンター、次にroot用パスワードを打ち込んでエンター

これで画面は真っ暗のまま管理者でログインできたと思います

2,GUIを使えるようにする
nano /etc/apt/sources.list


deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ buster main non-free contrib
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ buster main non-free contrib

deb http://security.debian.org/debian-security buster/updates main non-free contrib
deb-src http://security.debian.org/debian-security buster/updates main non-free contrib

deb http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ buster-updates main non-free contrib
deb-src http://ftp.riken.jp/Linux/debian/debian/ buster-updates main non-free contrib

中身を上記のように、分かりやすく言うとnon-free contribを追記してF2キー→Yキー→エンターキー

nanoの内容を保存し閉じてまたコンソールに戻ってきたので

apt update

apt upgrade

apt install firmware-linux firmware-linux-nonfree firmware-amd-graphics firmware-realtek

reboot